大東市でお葬式をあげる方法~葬儀場一覧と費用相場も

PR 八光殿

大東市で葬儀をあげたい方へ

大阪府の東部に位置する大東市は、西側は大阪市、東側が奈良県に接している都市です。大東市は1956年に住道町・四条町・南郷村が合併してできました。人口は当初約3万人でしたが、現在では12万人を超え、大阪府内43市町村の中で16番目の人口をもつ都市になっています。

大阪市に隣接しJR学研都市線が通っているため、大阪市内へのアクセスが便利で、奈良と大阪を結ぶ交通の要所としても注目されている大東市。平成元年に大阪緑の百選に選ばれた「野崎観音の緑」を有する「野崎観音 慈眼寺」など、元禄時代から続く「野崎参り」が行われる寺社も有名です。

大東市はアクセスがいい土地柄、近隣の葬儀場、火葬場を便利に利用することができます。大東市民が利用できる霊園組合の火葬場があるため、通夜から火葬、葬儀まで移動せずに行うことも可能です。

大東市並びに近隣の主な式場

運営主体斎場名住所アクセス
民営斎場 綜合儀式会館八光殿四条畷 四條畷市中野2-2-26 学研都市線「四条畷駅」からバスで 約20分
民営斎場 やすらぎホール大東 大東市新田北町6-11 大阪市営地下鉄長堀鶴見緑地線「門真南駅」より徒歩約15分
民営斎場 やすらぎホール西館門真市岸和田4-5-12 京阪本線 「大和田駅」からバスで 約9分
民営斎場 やすらぎホール東館 門真市岸和田4-7-19 京阪本線 「大和田駅」からバスで 約 19分

大東市・門真市・守口市・四条畷市民が組合葬儀・火葬を利用できるのが「飯盛斎場」です。「飯盛斎場」は近隣の四条畷市にある火葬場で、大東市・門真市・守口市・四条畷市による一部事務組合「飯盛霊園組合」が運営する公営の火葬場です。そのため、上記4都市の市民が利用する場合には、他の市民より予約可能枠が多く、利用料が「関係市民料金」になっています。

関係市民の利用時には12歳未満13,000円、12歳以上20,000円の火葬費用がかかり、それ以外は12歳未満65,000円、12歳以上100,000円がかかります。

大東市周辺には寺院などの斎場もあります。時間を取れない場合に告別式や火葬まで1日で執り行うことができる1日葬や30人以下の身近な方だけで行う家族葬、100人程度までの参列者を迎えることができる一般層など、それぞれの斎場で特徴が異なる葬儀を行うことができます。斎場を探す場合には、葬儀のタイプや参加者の目安人数、予算などから希望に合う斎場を決めるために、まず情報収集をしておくことをおすすめします。

大東市の葬儀費用の相場


大東市の費用相場大阪府の費用相場
一般葬・家族葬51万0,750円78万5,302円
一日葬38万2,250円35万9,006円
火葬式14万8,518円15万6,119円
※2018年~「いい葬儀」お客様成約データより算出(税抜)

大東市の葬儀費用相場はいくらになるのでしょうか。大東市の葬儀費用相場を大阪府の相場と比較してみましょう。大東市で葬儀をあげるときにかかる費用の相場は、上記のように大阪府の費用相場よりも安めになっていることがわかります。

一般葬の費用相場は約51万円で大阪府の費用相場約79万円よりも葬儀を約28万円低く行うことができます。

また、火葬式の場合には大東市の費用相場が約15万円で大阪府の相場は約16万円、ほとんど同じ費用ですが、若干大東市の相場の方が安くなっています。一日葬は大東市の費用相場が約38万円、大阪府は約36万円と、他の葬儀費用相場とは逆に大東市の費用相場の方が若干高くなっています。

葬儀をあげるときの自治体の補助金について

突然多額の葬儀費用が必要になった時には、かかる費用を急いで全額用意することが難しい場合もあるかもしれません。

一定の条件を満たしていれば、自治体から葬祭費を支給されます。葬祭費は申請時に窓口で直接払いをしてもらえる場合もあるので、早めに受け取っておくと安心できるでしょう。大東市で自治体から補助金を受け取る方法は以下の通りです。

葬祭費5万円
支給方法 亡くなられた方が国民健康保険に加入していた場合、大東市の保険年金課・給付・庶務グループの窓口に申請を行います。
申請できる方 葬祭費を申請できるのは、葬祭を行った方(喪主)です。
申請者が直接窓口へ手続きに行った時には、直接払いと口座払いから支払方法を選ぶことができます。(申請者以外の方が手続きを行った場合、申請者名義の口座払いのみ可能)
申請に必要なもの ・亡くなられた方の国民健康保険被保険者証
・ 申請者の印鑑
・ 火葬許可証もしくは葬儀を行った方の名前が記載された葬祭費用の領収書
・ 直接払いを希望する場合には、申請者の本人確認書類
・ 口座払いを希望する場合には、申請者の振込口座がわかるもの
※直接払いを希望の場合、申請者本人が午後3時30分までに窓口に申請する必要があります。

大東市の火葬事情

大東市では、大東市・門真市・守口市・四条畷市による「飯盛霊園組合」が運営する「飯盛斎場」で火葬ができます。

飯盛斎場は、飯盛霊園組合を構成する4都市の市民がメインに利用する火葬場です。1968年10月に飯盛霊園の北側に建てられていた火葬場が老朽化したため、斎場立て替え工事が行われています。

現在の火葬場は1993年12月に完成し供用が開始されています。環境技術の向上により火葬時の煙が削減された、無煙無臭での火葬が可能な火葬炉が取り入れられています。

斎場名 飯盛斎場
所在地 大阪府四條畷市大字下田原2457
アクセス 学研都市線 四条畷駅からタクシーで約22分
施設・設備 ・標準炉10基、補助炉1基
・炉前ホール
・霊安室(1室・保管庫2台)
・収骨室(2室)
・待合室(和室2室)
・待合ホール(1ホール)
・告別室(3室)
・軽食コーナー(1室)
・喫煙所(1室)
・キッズコーナー(1ヶ所)
・授乳室(1室)
・駐車場(64台)
備考 斎場入場時間(火葬炉18枠)10:30~15:45

大東市で実績の多い葬儀社・葬儀式場

大東市周辺にはさまざまな斎場があります。斎場は葬儀社や寺院、地域の組合などそれぞれ異なる母体が運営しているため、葬儀の規模や形式などにも違いがあります。希望する葬儀を行える、充実したプランが用意されている斎場が人気です。

綜合儀式会館 八光殿四條畷

大阪府四條畷市にある「綜合儀式会館 八光殿四條畷」は、大東市周辺の多くの方が利用している斎場です。地域の火葬場として利用されている「飯盛斎場」と同じ四条畷市内に位置しているので、比較的火葬場への移動もしやすく、利便性の高さが魅力です。

綜合儀式会館 八光殿四條畷は火葬式から一日葬、家族葬、一般葬まで幅広い葬儀プランが用意されている斎場です。ご遺族の方が希望される葬儀内容や人数、予算など、ご相談に合わせてさまざまなプランやオプションから希望に合う葬儀を選ぶことができます。

式場は10名様以下の人数から家族葬、一般葬の数十名様、さらに100名様まで収容可能です。仕切りを移動させることで広さを調節することができるため、大型の斎場としても利用できます。お葬式のあとにそのまま初七日法要をされる場合にも、施設内の法要室を利用して法要を営むことが可能です。

また、通夜からご家族が付き添えるように仮眠室や浴室などの宿泊設備も完備されています。夜間にご遺族が故人に付き添われる際にもゆっくり過ごしていただけます。全て椅子席の食事室や、くつろげる和室の親族控室など、通夜ぶるまいや葬儀のあとの食事会で利用できる設備も充実しています。参加される方の人数や食事会の様式に合わせて適した施設を利用して、おもてなしすることが可能です。 駐車場は30台まで収容可能です。ご遺族の方の用事で車を使う場合やお車でいらっしゃる方々も、便利にご利用いただけます。

施設詳細

斎場・葬儀場名綜合儀式会館 八光殿四條畷
住所大阪府四條畷市中野2-2-26
アクセス【電車でお越しの方】
・JR学研都市線「四條畷駅」下車、近鉄バス「清滝団地行き」又は「四條畷電通大行き」に乗車。「東小学校北」で下車、南へ100m(徒歩2分)。また、コミュニティバス「田原1」又は「田原2」に乗車、「四條畷小学校前」で下車。
・JR学研都市線「忍ヶ丘駅」下車、近鉄バス「清滝団地行き」又は「四條畷電通大行き」に乗車、「東小学校北」で下車、南へ100m(徒歩2分)。また、コミュニティバス「田原1」に乗車、「四條畷小学校前」で下車。

【お車でお越しの方】
・阪神高速13号東大阪線の「水走」出口を降り中央大通り直進約200mの「被服団地前」交差点を左折。外環状線直進約5km国道163号線の手前、「上野方面」の標識を目印に側道へ進み右折。(奈良方面)
国道163号線直進約1km「東中野」交差点を経て左の側道へ入り一つ目の信号を右折。国道163号線の高架下を経て左側。
・国道163号線の手前「上野方面」の標識を目印に側道へ進み左折。
国道163号線直進約1km「東中野」の交差点を経て左の側道へ入り一つ目の信号を右折。国道163号線の高架下を経て左側。
施設・設備式場 / 食事室 / 親族控室 / 法要室 / 安置室 / 駐車場

料金プラン (税抜)

火葬式一日葬家族葬一般葬
248,000円~435,000円~537,000円~ 643,000円~

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう